中村康則さんの研究論文が早期公開されました

博士課程在籍中の中村康則さんの論文「セルフ・ハンディキャッピングとハーディネスを用いた社会人学生の類型化と成績・学習時間との関係」がJ-STAGEで早期公開されました。全文読むことができます。

中村康則・向後千春(2020)セルフ・ハンディキャッピングとハーディネスを用いた社会人学生の類型化と成績・学習時間との関係『日本教育工学会論文誌』44(Suppl.),  Pp.-.

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjet/advpub/0/advpub_S44042/_pdf/-char/ja

投稿者: kogolab

早稲田大学人間科学学術院で教員をしています.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。