日本教育工学会 2019年秋季全国大会でポスター発表します

日本教育工学会 2019年秋季全国大会が下記の要領で開かれます。今年度から全国大会は秋と春の年2回開かれます。

向後ゼミからは以下の4件のポスター発表があります。どうぞ見に来てください。

  • 9月7日(土) 9:30~10:40 会場:2F
    P1-2F-37
    学生相互でレポートを読み引用する授業の実践とその評価
    ○丸山 美紀(早稲田大学大学院),向後 千春(早稲田大学)
  • 9月7日(土) 10:50~12:00 会場:1F
    P2-1F-11
    教室の学びにおける児童のきく力の規定要因
    ○宮内 健(早稲田大学大学院),向後 千春(早稲田大学)
  • 9月8日(日) 10:20~11:30 会場:2F
    P4-2F-40
    教育工学の研究:その指向性と課題
    ○向後 千春(早稲田大学),丸山 美紀(早稲田大学大学院)
  • 9月8日(日) 12:30~13:40 会場:2F
    P5-2F-51
    成人向けライフキャリア支援プログラムの実践と評価
    ○廣瀬 由美子(早稲田大学大学院),森 玲奈(帝京大学),向後 千春(早稲田大学)

2019年度春学期向後ゼミ研究発表会のご案内【第2報】

向後ゼミに所属するeスクール生(3年生・4年生)、大学院生(修士課程)による研究発表会を一般公開により開催します。参加は無料。出入り自由。事前登録は不要です。たくさんの人のご参加をお待ちしております。

日時:2019年7月27日(土)13:00〜18:00
場所:早稲田大学早稲田キャンパス3号館502教室
(参考)キャンパスマップ
http://www.waseda.jp/wnfs/access/waseda-campus-map.pdf

プログラム

13:00-13:25 開会の挨拶/チェックイン

13:30–14:15 eスクール3年生発表3件

岩谷美知子:幼児期における読み聞かせの目的とその効果についての調査
大津 救亨:診療参加型実習(クリニカルクラークシップ)は,実習生の自立心を高めるのか
按  聖二:社会人学生に対するパートナーからのイメージ

14:15-14:30 休憩

14:30–15:30 eスクール3年生発表4件

岸良 俊弘:日本国民は看護をどのように理解しているのか
田嶋 晶子:ICTの利活用が日本語学力の向上とモチベーション維持に及ぼす効果
玉乃  淳:ICT教材を使用した英語学習の効果について
山田里江子:交通事故被害者等に関する意識調査

15:30-15:45 休憩

15:45–16:30 eスクール4年生発表3件

齊籐有紀子:ゴルフにおける生涯スポーツとしての継続意欲と問題点の検討
北本幸寛:転職による 労働環境変化が就労者にもたらす影響
菊地恵里花:ホテル顧客への意識調査に基づく人的サービスの必要性の検討

16:30-16:45 休憩

16:45–17:15 修士ゼミ生発表2件

丸山美紀:学生相互でレポートを読み引用する授業の実践とその評価
團 尚崇:高校生の自己効力感がアクティブラーニング型授業への学習意欲に与える影響

17:15-18:00 教育コーチからの講評/閉会挨拶/記念写真

★発表はすべて10分のプレゼンと5分の質疑応答です。

2019年度春学期向後ゼミ研究発表会のご案内

向後ゼミに所属するeスクール生(3年生・4年生)、大学院生(修士課程)による研究発表会を一般公開により開催します。参加は無料。出入り自由。事前登録は不要です。たくさんの人のご参加をお待ちしております。

日時:2019年7月27日(土)13:30〜18:00
場所:早稲田大学早稲田キャンパス3号館502教室
(参考)キャンパスマップ

20190119184221

中村康則さんの論文「通信教育課程で学ぶ社会人学生のためのセルフ・ハンディキャッピング尺度(SHS-ASCC)の開発」が『日本教育工学会論文誌』に載ります。

博士課程在籍中の中村康則さんの論文「通信教育課程で学ぶ社会人学生のためのセルフ・ハンディキャッピング尺度(SHS-ASCC)の開発」が『日本教育工学会論文誌』に載ります。J-STAGEで早期公開されましたので、全文読むことができます。

  • 中村 康則, 向後 千春(印刷中)通信教育課程で学ぶ社会人学生のためのセルフ・ハンディキャッピング尺度(SHS-ASCC)の開発『日本教育工学会論文誌』(), Pp.-.(J-STAGE早期公開

抄録

本研究では,通信教育課程で学ぶ社会人学生が学習場面において採用するセルフ・ハンディキャッピングを測定するための尺度を開発し,その尺度の信頼性と妥当性を検討することを目的とした.また,開発した尺度を用いて,社会人学生が採用するセルフ・ハンディキャッピングの統制可能性についても検討した.その結果,「時間不足」「老化」「能力不足」「体調不良」の4因子14項目からなる「通信教育課程で学ぶ社会人学生のためのセルフ・ハンディキャッピング尺度(SHS-ASCC: Self-Handicapping Scale for Adult Students in Correspondence Courses)」が開発され,尺度には一定の信頼性と妥当性が認められた.これら4因子の統制可能性を検討したところ,社会人学生は「時間不足」「老化」「能力不足」「体調不良」のセルフ・ハンディキャッピングを統制不能と捉えていることが示唆された.さらに,「老化」「能力不足」には性差がみられ,男性よりも女性が強く認識することが示された.