大学エクステンション講座に関するショートレター論文が『日本教育工学会論文誌』に載ります。

大学エクステンション講座に関するショートレター論文が『日本教育工学会論文誌』に載ります。J-STAGEで早期公開されましたので、全文読むことができます。

  • 多喜 翠・伊澤幸代・堂坂更夜香・向後千春(印刷中)大学エクステンション公開講座受講生の受講動機に関する調査『日本教育工学会論文誌』42(Suppl.), Pp.-.(J-STAGE早期公開

要約

大学エクステンションセンターで公開講座を受講している社会人を対象に,受講動機と受講後の変化についての質問紙による調査を行った.その結果,大学エクステンション公開講座を複数回受講している人は,初回の人に比べ「仲間をつくる」ことや「自分に活かす」こと,また,「大学が開いている」といったことが受講動機として高く,受講後の変化に関しては,特に人間関係と生き方が変わったと感じていた.このことは,講座を通じてできた仲間との交流や,講座で獲得した知識が実際に活用されているという実感と,大学が開いていることへの信頼感が,その後の継続的な受講動機につながることを示唆している.以上のことから,大学エクステンション公開講座を設計するにあたり,仕事のみならず自分に役立つような知識やスキルを提供すると同時に,ともに学ぶ仲間をつくれるような活動を支援していく形態にすることが必要だろう.

2018年度春学期向後ゼミ研究発表会のご案内(第2報)

向後ゼミに所属するeスクール生(3年生・4年生)、大学院生(修士課程のみ)による研究発表会を一般公開により開催します。参加は無料。出入り自由。事前登録は不要です。たくさんの人のご参加をお待ちしております。

■日時

2018年7月21日(土)13:30〜18:00

■場所

早稲田大学早稲田キャンパス8号館411教室
(参考)キャンパスマップ→http://www.waseda.jp/wnfs/access/waseda-campus-map.pdf

■プログラム

13:30 開会の挨拶
13:40 チェックイン(TOM)

14:00–15:00 修士ゼミ生発表4件

  1. 金融リテラシー向上に影響を及ぼす学習態度の検討
  2. 作文教育における型の指導とピア・レスポンスの効果
  3. 共同体感覚の育成における言語・非言語コミュニケーションによる介入が幸福感へ及ぼす効果
  4. SNS利用行動による大学生利用者群の分類の検討

15:00–15:15 休憩

15:15–16:00 eスクール4年生発表3件

  1. ICU看護師の患者急変時における意識に関する研究
  2. 接客業における感情統制スキル獲得のための教育がクレーム対応時の心理的ストレスに与える影響
  3. 子どもの頃の家庭環境が料理づくりへの関心に与える影響

16:00–16:15 休憩

16:15–17:00 eスクール3年生発表3件

  1. 労働環境による労働意欲の変化
  2. ホテルにおける新入社員への意識調査と勤続意欲維持の条件
  3. ゴルフレッスンに対する意識調査

17:00–17:30 教育コーチ講評/閉会の挨拶/記念写真

2018年度春学期向後ゼミ研究発表会のご案内(第1報)

向後ゼミに所属するeスクール生(3年生・4年生)、大学院生(修士課程のみ)による研究発表会を一般公開により開催します。参加は無料。出入り自由。事前登録は不要です。たくさんの人のご参加をお待ちしております。
■日時
2018年7月21日(土)13:30〜18:00
■場所
早稲田大学早稲田キャンパス8号館411教室
■プログラム詳細は第2報でお知らせします。

2018年5月27日(日)関西大学でのJSET研究会で2件の研究発表をします。

2018年5月27日(日)関西大学 千里山キャンパスにて、日本教育工学会の研究会が開かれます。向後研究室からは、下記の2件の研究発表を行います。もしよろしければ、聴きに来てください。非会員の方も、1,000円で参加できます。

詳しい案内はこちらをご覧ください。
https://www.jset.gr.jp/study-group/files/program.php?date=20180527

  • A13) 実践共同体に関わる社会人の学び直し動機についての分析
    廣瀬由美子(早稲田大学大学院)、向後千春(早稲田大学)
  • B13) オンライン大学の授業におけるレポート再提出方式の導入とその効果
    杉浦真由美(札幌医科大学)、石川奈保子、阿部真由美(早稲田大学大学院)、向後千春(早稲田大学)