10/24 JSET研究会(信州大学)で発表します

10月24日(土)に信州大学で開催される、日本教育工学会研究会で発表します。冨永敦子さんとの連名で、タイトルは「ブレンド型大学授業における授業形態の好みと成績との関連」です。

詳しい情報は、下記のページをご参照ください。

http://www.jset.gr.jp/study-group/files/20091024.html

2009年10月〜2010年3月の出張予定

2009年10月〜2010年3月の出張予定をお知らせします。変更することもあります。

  • 10月24日(土)教育工学会研究会(信州大学)【確定】
  • 11月1(日)〜4(水)中国・広州視察【確定】
  • 11月14日(土)日本語教育学会研修会講演(山形大学)【確定】
  • 12月19日(土)教育工学会研究会(京都外大)【確定】
  • 3月6日(土)教育工学会研究会(広島大学)(不参加)

9/19 日本教育工学会第25回全国大会

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388efbc882009-09-14-224738efbc899月19日〜21日に東京大学(本郷キャンパス)で、日本教育工学会第25回全国大会が開催されます(http://www.jset.gr.jp/taikai25/)。

1日目のシンポジウム1B「ICTを利用した教育・学習システムの目標設定と評価法-研究の「モザイク」から「るつぼ」への発展を目指して-」に登壇します。

シンポジウム1B「ICTを利用した教育・学習システムの目標設定と評価法-研究の「モザイク」から「るつぼ」への発展を目指して-」

9月19日(土)13:30~15:30   会場:213

ICTを利用した教育・学習システム研究は,教育・学習という同一の現象を対象とはしているものの,そのアプローチやゴール設定は多様である。従って,それらの成果を広く共有することは必ずしも簡単ではなかった。例えば,主眼点が教育的実践である場合,技術的な新規性や有効性である場合,心理学的な妥当性や検証である場合では,研究の目標設定と評価法は異なっており,立場を超えた成果の活用は十分には行われていない。それぞれの立場からの研究がある程度成熟をむかえた今日,それらの研究成果を融合してゆく役割を教育工学が求められ始めている。本シンポジウムでは,このような研究の「モザイク」から「つるぼ」への一つの端緒となることを目指して,教育・学習システム研究のいくつかの立場から,ゴール設定とその評価法について議論を深めたい。

8/1, 2 オープンキャンパスで展示します

r0015101

去年に引き続き、オリジナル展示「インストラクショナルデザインであなたの学習が変わる!」を行います。受験生にお役立ちの勉強法が満載で、3年目になる今年もたくさんの入場者をお待ちしております。

・場所 早稲田キャンパス14号館406, 407教室
・日時 8月1日、2日の10時〜16時

オープンキャンパスの詳細は→http://www.waseda.jp/nyusi/oc/index.html