2015年度向後ゼミ研究発表会のご案内(第2報修正版)

プログラムに修正があります。下線の部分が修正部分です。

向後ゼミに所属する通学生(3年生・4年生)、eスクール生(3年生・4年生)、大学院生(修士課程・博士後期課程)による研究発表会を一般公開により開催します。参加は無料。事前登録は不要です。たくさんの人のご参加をお待ちしております。

■日時
2016年1月23日(土)10:00〜18:00

■場所
早稲田大学所沢キャンパス100号館402, 403教室
・通学生:403教室
・eスクール生・大学院生:402教室

■小手指駅からのスクールバス
学外者も無料で利用できます。ダイヤは下記サイトをご参照ください。
http://www.waseda.jp/tokorozawa/kg/student-life/transportation.html

■プログラム

【100号館 403教室:通学生3,4年の口頭発表】

10:00-10:10 あいさつ・諸注意
10:10-11:00(10分×5人)
B4 河野泰誠  麻雀愛好者の日常における麻雀の意義
B3 高畑幸   大学生の友人に対する相談行動に関する調査
B4 塚本理紗  目がデザインされている違反抑止ポスターの印象と抑止効果の関連性について
B3 北村草太  ICTを利用した学習方法に関する調査
B4 堀之内祐香 対人関係における自己愛表現が印象形成に及ぼす影響

11:00-11:05 休憩(5分)

11:05-11:55(10分×5人)
B4 木下結美  異性間における性格類似が対人魅力に及ぼす影響
B3 関根ハンナ 中学校英語科教員に関する研究
B4 加藤万理子 インタビューにおけるマインドマップの使用が話し手に及ぼす影響
B3 佐々木杏夏 大学生の授業態度および学習意欲についての調査
B4 栗和田菜々 学習到達度の可視化が学生の学習モチベーションにもたらす影響

11:55-13:00 昼休み
13:00-14:00 ワークショップ
14:00-14:05 休憩(5分)

14:05-15:05(10分×6人)
B4 三品健   青年期の進路選択の規定要因
B3 内川尚生  テニスの試合中のメンタル維持に関する調査
B4 植村太郎  大学生の自己意識と大学に関する意識の関連
B3 小山達也  テレビ視聴に対する態度についての調査
B4 杉本昇平  大学生における意思決定スタイルが買い物行動に及ぼす影響
B3 西村尚子  大学生の挫折と立ち直りに関する調査

15:05-15:10 休憩(5分)

15:10-16:00(10分×5人)
B4 三船優   日常業務型インターンシップ参加後のキャリアに対する意識変化
B3 山内爽   学生スポーツの理想の監督像に関する研究
B4 川崎俊幸  どのように話を盛ると面白くなるのか
B3 権田紗也  家族の雰囲気に関する調査
B4 武村浩志  対人関係における好印象を抱かれやすい性格とは何か

16:00-16:15 終わりのあいさつ(15分)
16:15-16:30 片付け(15分)

【100号館 402教室:院生,eスクール生の発表】

ポスター発表(午前)

10:00-10:10 あいさつ・諸注意

10:10-10:50 第1セッション(6名)
D3 渡邉文枝  JMOOCの講座におけるeラーニング指向性の項目間の因果関係の検討
D2 石川奈保子 成人の自己調整学習方略尺度の検討
D1   鈴木伸子  オンライン大学での学び直しを選択した社会人学生の 入学時の期待価値と入学後の努力との関連
M1 中尾政子  職場における職位別の関係性攻撃と社会的情報処理の関連
E3  多喜翠   アドラー心理学に基づく「職場会議」による職場の対人関係への介入の実践と効果
E3    齋藤みずほ 教授者の教え方向上のためのプログラム開発

10:50-10:55 休憩(5分)

10:55-11:35 第2セッション(6名)
D3 早坂昌子  教えることについての態度尺度の作成と性格特性の関連
D1 田中理恵子 オンライン大学に入学した社会人の学習継続要因
D1 塚原大輔  集中ケア認定看護師が臨床で抱く学習ニーズ
M1 加藤はるみ キャリア構成カウンセリングによるライフストーリーとキャリア
E3 松田真奈美 中等教育に於けるガニエの9教授事象を用いた授業の効果
E3 坂井裕紀  労働者の活気向上のための研修プログラムの開発および検証

11:35-11:40 休憩(5分)

11:40-12:20 第3セッション(6名)
D2 中村康則  オンラインゼミのBBS発言構造分析
D2 杉浦真由美 新人看護師を対象とした失敗体験研修コースの開発
M2 川上知子  新入社員のリアリティショックと就労意識の変化
M1 中深迫信一 学習教材におけるインフォグラフィックスの文献研究
E3 加藤聖香  親教育プログラムNobody’s PerfectとPassageの参加者の意識変化とその効果
E3 阿部田恭子 生活の領域における重要度と満足度とライフタスク総合評価の関連性

12:20-12:30 口頭発表会場設営
12:30-13:30 休憩

口頭発表(午後)

※E4:発表10分、質疑応答5分 M2・M3:発表20分、質疑応答10分

13:30-14:15 第4セッション(3名)
E4 森田真美  黙読記憶に語り記憶を加えることが記憶に及ぼす影響
E4       児童期に悩みを抱える子どもがレジリエンスを高める必要性
E4       社会人学習者のeラーニング歴が先延ばし行動に及ぼす影響とその要因

14:15-14:25 休憩(10分)

14:25-15:10 第5セッション(3名)
E4 工門真人  自動車産業の保全職場におけるOJTに必要な能力が指導実態に与える影響
E4       個人の属性と職場環境が自己の職務能力の自信に与える影響
E4 青井玲江  勤労者の食生活と蓄積的疲労兆候インデックスを用いた心身のストレスとの因果関係

15:10-15:20 休憩(10分)

15:20-16:50 第6セッション(3名)
M3 小松英美子 社会人の異文化対処能力と成功要因の検討
M2 堂坂更夜香 アドラー心理学におけるライフスタイル診断シートの開発とビッグファイブ性格特性との関連性
M2 野村智之  「間違い探し」動画教材の開発と評価

16:50-17:00 休憩(10分)

17:00-18:00 第7セッション(2名)
M3 山元有子  グループ活動の方法の違いがテスト成績に及ぼす影響
M2 荒川明美  ホスピタリティ資質に対するブライダル従事者と顧客の重視度の違い

18:00-18:15 総評
18:15-18:45 片付け (30分)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中