2014年度向後ゼミ研究発表会のご案内(第2報:プログラム)

向後ゼミに所属する通学生(3年生・4年生)、eスクール生(3年生・4年生)、大学院生(修士課程・博士後期課程)による研究発表会を一般公開により開催します。これは、同時にゼミ生への評価を兼ねています。参加は無料。事前登録は不要です。たくさんの人のご参加をお待ちしております。

■日時
2015年1月24日(土)10:00-17:00

■場所
早稲田大学所沢キャンパス101号館205, 206, 207教室
・通学3年生・4年生:205教室
・eスクール3年生・4年生:206教室
・院生:206教室(午前), 207教室(午後)

■小手指駅からのスクールバス
学外者も無料で利用できます。ダイヤは下記サイトをご参照ください。
http://www.waseda.jp/tokorozawa/kg/student-life/transportation.html

IMG_5004

【101号館 205教室:通学生3,4年の口頭発表】

10:00〜10:10 あいさつ・諸注意

10:10〜10:55 第一セッション(3名) (質疑応答含め15分ずつ)

B4 山崎 貴志:英語に対するコミュニケーション不安が学習効果に及ぼす影響
B4 中村 綾乃:eラーニングで楽器を学ぶ意欲に生活におけるゆとりが及ぼす影響
B4 井上 雅裕:スポーツにおけるスランプのメカニズム

休憩 10分

11:05〜11:50 第二セッション(3名) (質疑応答含め15分ずつ)

B4 冨山 慎司:ファッションブランド選択と自己イメージの関連性
B4 佐藤 亮介:大学生サークルにおける構成員の帰属意識と充実感の関係
B4 田中 博利:大学生の不合理な消費行動を促進させる要因

11:50〜12:50  昼休み(60分)

12:50〜13:35 第三セッション(3名) (質疑応答含め15分ずつ)

B4 円岡 義基:入学前の学習環境と勉学意欲が自己コントロール能力に及ぼす影響
B4 ソン チョヒ:Facebook の利用が主観的幸福感に及ぼす影響
B4 山下 祥  :大学生における「飲みニケーション」に対する意識

休憩 10分

13:45〜14:30 第四セッション(3名) (質疑応答含め15分ずつ)

B4 醍醐 来知:ジャグラーにとって理想的なワークショップとはどのようなものか
B4 板倉 悟朗:女性アイドルのファンが「推し変」するときの心理
B3 栗和田菜々:学習到達度の可視化が学生の学習モチベーションにもらたす影響

休憩 10分

14:40〜15:25 第五セッション(3名) (質疑応答含め15分ずつ)

B3 堀之内祐香:対人関係において自己愛表現がおよぼす影響
B3 塚本 理紗:大学生の電車内における印象の諸原因
B3 武村 浩志:対人関係における好印象を抱かれる性格について

休憩 10分

15:35〜16:20 第六セッション(3名) (質疑応答含め15分ずつ)

B3 杉本 昇平:大学生における意思決定スタイル買い物行動との関連
B3 木下 結美:異性間における性格類似が対人魅力に及ぼす影響
B3 三船 優 :「日常業務型」インターンシップ参加後のキャリアに対する意識の変化

休憩 10分

16:30〜17:30 第七セッション(4人) (質疑応答含め15分ずつ)

B3 川崎 俊幸:大学生における話の盛り方の効果
B3 加藤万理子:インタビューにおけるマインドマップの使用が話し手に及ぼす影響
B3 河野 泰誠:麻雀愛好者の日常における麻雀の役割
B3 三品 健 :初等教育時の隠れたカリキュラムが児童の感情と行動に及ぼす影響

17:40〜18:10  総評 (30分)

【101号館 206教室:eスクール3年生・4年生・院生の口頭発表】

10:00-10:30 修士2年生 口頭発表

・M2 田中理恵子:オンライン大学に入学した社会人学生の入学動機と学習継続要因および卒業後の変化

10:30-10:40 休憩 (10分)

10:40-11:25 4年生口頭発表 (発表10分、質疑応答5分)3人発表 (45分)

・E4      :日本の職場における働く人のポジティブ感情を強化する要因
・E4 赤見 千尋:競馬にハマる心理過程とその要因
・E4      :所属する集団での働きがいや働きやすさおよび人間関係が昇進意識に及ぼす影響

11:25-11:35 休憩 (10分)

11:35-12:20 4年生口頭発表 (発表10分、質疑応答5分)3人発表 (45分)

・E4      :講義動画中におけるクイズの提示は受講者の学習意欲にどのように影響するか
・E4      :目標とインターネット環境が高校生の自宅学習時間に与える影響
・E4      :呈示モダリティと文章型が文章理解におよぼす影響

【101号館 206教室:eスクール3年のポスター発表】

13:30-14:10 ポスター発表 第1セッション 3人発表 (40分)

・E3      :児童期における心理学の必要性に関する研究
・E3 嶋貫 貴子:護師におけるキー・コンピテンシーの概念化と構造化
・E3 青井 玲江:食生活と仕事は心身とストレスにどのような影響を及ぼすか

14:10-14:20 休憩 (10分)

14:20-15:00 ポスター発表 第2セッション 3人発表 (40分)

・E3      :職場における人材育成とその管理に関する研究
・E3 佐伯 悦彦:救急医療現場における看護OJT指導者の経験学習と成長
・E3 工門 真人:自動車産業の保全職場におけるOJTトレーナーの能力に関する研究

15:00-15:10 休憩 (10分)

15:20-16:00 ポスター発表 第3セッション 2人発表 (40分)

・E3 森田 真美:黙読記憶に語り記憶を加える事が記憶の長期増強へ及ぼす影響
・E3      :eラーニングにおける社会人学習者の先延ばし行動とメタ認知の関係

16:00-16:10 休憩 (10分)
16:10-16:40 総評
16:40-17:10 片付け (30分)

【101号館 207教室:院生のポスター発表】

13:30-14:10 ポスター発表 第1セッション 3人発表 (40分)

・M1 堂坂更夜香:アドラー心理学に基づく親教育とそれ以外のプログラムの比較
・M2 小松英美子:社会人の異文化対処能力尺度の検討
・D1 中村 康則:eゼミにおける発言内容と構造の分析

14:10-14:20 休憩 (10分)

14:20-15:00 ポスター発表 第2セッション 3人発表 (40分)

・M1 野村 智之:効果的な安全意識トレーニングに関する研究
・M2 山元 有子:グループ学習が学習成績や発話に及ぼす影響
・D2 渡邉 文枝:自己表現トレーニング前後におけるスピーチに関する態度の変化

15:00-15:10 休憩 (10分)

15:20-16:00 ポスター発表 第3セッション 3人発表 (40分)

・M1 荒川 明美:ブライダル従事者のホスピタリティに関するニーズ分析
・M1 川上 知子:女子大生の就職とキャリアに関する研究
・D1 杉浦真由美:プリセプター資質尺度の開発

16:00-16:10 休憩 (10分)
16:10-16:40 総評 ※206教室で開催
16:40-17:10 片付け (30分)

カテゴリー: Blog

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中