日本教育工学会第30回全国大会@岐阜大学(9/19〜21)にて4件の研究発表を行います

日本教育工学会第30回全国大会(https://www.jset.gr.jp/taikai30/)は、2014年9月19日(金)~21日(日)に岐阜大学で開催されます。向後研究室からは、下記の4件の研究発表を行います。もしよろしければ、見に来てください。

非会員の当日参加費は12,000円(ただし学生の場合は6,000円)です。

■9月19日(金) 11:10 ~ 12:10

  • P1a-2C-04 マイクロフォーマットによる授業と研修のデザイン 向後 千春 [早稲田大学]
  • P1a-2D-06 eラーニングにおける自己調整学習方略が先延ばし傾向と統計学科目の認知と態度に与える影響 柄本 健太郎 [東京学芸大学], 冨永 敦子 [早稲田大学], 三溝 雄史 [芦屋大学], 向後 千春 [早稲田大学]

■9月21日(日) 11:30 ~ 12:30

  • P3a-1C-07 自己表現トレーニング前後におけるスピーチに関する態度の変化 渡邉 文枝 [早稲田大学], 冨永 敦子 [早稲田大学], 向後 千春 [早稲田大学]
  • P3a-2C-04 eラーニングメンタ資質に対する学習者とメンタの重視度の違い 冨永 敦子 [早稲田大学], 杉浦 真由美 [早稲田大学], 向後 千春 [早稲田大学]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中