鳥取大学でFD講演会をしました

12月12日(木)に鳥取大学にて講演をしました。タイトルは「大学の授業をアクティブラーニング化する!」ということで、大学での反転授業の実践についてお話ししました。たくさんの教職員の方に集まっていただきました(人数詳細は別途)。また、同時中継で、米子キャンパスの方にも聴いていただきました。

1時間お話しして、30分を質疑にあてました。質問は以下のような内容でした。

  • 固定机でもできるようだが、工夫は?
  • グループメンバーが欠席したときはどうしているのか?
  • ビデオは90分間で収録しているのか?
  • 収録は自分のパソコンでしているのか? 使用ソフトは何か?
  • 収録ビデオには自分の顔を映しておくべきか?
  • 実際に学生はビデオで予習してくるか? してこないときはどうするのか?
  • 成績評価はどうしているのか?

講演しながら「反転講演会」というのを思いつきました。10分程度のイントロビデオを作っておいて、講演会の前に参加者に見てきておいてもらうというものです。いわば講演会の予習ですね。こんなふうにしたら、講演会がよりアクティブになるのではないかと思いました。

DSC_1416 DSC_1421

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中