【アメリカ】調査結果_オンライン教育により個人指導の時間が増える

アメリカの教育基本方針改革によって、今後オンライン教育が推進されていくなかで新しい教育方法が増えている。中でも教室でオンライン講義を受講し家庭で自習するという形態を取るFlipped learningが主流となるとみられている。これによって、教師は全体講義をする必要がなくなり、生徒1人1人の問題点をゆっくりみることができるようになる。この方法を用いた場合には、生徒の自習意欲が活発になったことを54%の教師が報告している。

カテゴリー: Blog

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中