必要なときに学ぶのがもっとも効果的

「片道2時間をかけて大学に通っています」というような話を聞くと、ああ小手指に下宿すればいいのにな、と思う。もちろん下宿代はかかるわけだけど、毎日往復4時間は有効に使えるわけだ。え?「そのために、なるべく大学に来なくていいように、時間割を組んでいます」って?

いやいや、それは壮大な無駄だよねー。大学の勉強に時間を割きたくないのであれば、さっさと働いた方がいいよ。働き出すと、大学で学ぶことの必要性を痛感する(必ず!)ので、そのときに大学に入ればいいんだ。そしてそのときこそもっとも効果的に学ぶことができるはず。

カテゴリー: Blog

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中