D. マークス、P. ブラウン『データ・サイエンティストに学ぶ分析力』

D. マークス、P. ブラウン『データ・サイエンティストに学ぶ分析力』(日経BP, 2013)

企業が手に入れられるデータをどのように使えば、ビジネスを成長させることができるかについて書かれた本。ブランドの愛着度によって、顧客をセグメント化し、それぞれのセグメントに最適のアプローチをすることで業績を伸ばすことができる。特に、オンライン・マーケティングの時代においては、さまざまなことがWeb上でテストできる。テストパイプラインを設計し、それを多変数テストすることで、最適なマーケティングができる。データを分析し、テストし、それをすばやく実行に移すことをアジャイル・マーケティングと呼ぶ。これからはこうしたスキルを持った人材が活躍するだろう。

もくじ
1. リトルデータでビジネスを成長させる
2. ターゲティング—誰にアプローチするか
3. メッセージ—何について話すか
4. ロケーション—どこで顧客を見つけるか
5. 予算—いくら費やすべきか
6. 測定—何が有効か、有効でないかをどう把握するか
7. 最適化—有効なものをさらに活用し、無効なものを排除するには
8. アナリティクスの未来

カテゴリー:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中