大学の授業設計の本を書かなくては

いやまじで、大学の授業設計の本を書かなくてはいけない。以下のような内容で。

  1. 授業の成立要件
  2. 授業のタイプ:レクチャーと質疑/トレーニング/グループワーク/プロジェクト・ゼミ
  3. レクチャーをオンデマンド化する
  4. トレーニングを設計する
  5. グループワークを設計する
  6. プロジェクト・ゼミを設計する
  7. 複数の授業タイプをブレンドする
  8. 評価の方法
  9. 授業を改善する

というのも、若い人たちは自分が受け持つ授業の中で、いろいろなチャレンジを積極的にやっているものだと思っていたんだが、そうでもないということがわかったから。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中