大学院授業『インストラクショナルデザイン特論』終了

IMG_4090

 

大学院の科目『インストラクショナルデザイン特論』が終了しました。この科目は今期から1単位のクオーター科目となったので、8週間で終了です。インストラクショナルデザインの展開ということで、下記の3冊の本を読んできました。

  • 学びを遊びにする方法として、マクゴニガル『幸せな未来は「ゲーム」が創る』
  • 学習をNudgeする方法として、セイラー、サンスティーン『実践行動経済学』
  • 人を変化させる方法として、ミラー、ロルニック『動機づけ面接法―基礎・実践編』

レジュメの作成には、インフォグラフィックの方式を使うということも新しい試みでした。これは、作成する方は大変だったようですが、読む方としては論点が明確に分かる良い形式だということがわかりました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中