エネルギーとコントロール

energy

研究者としてやっていくための2つの資質を考える。

  1. 「知りたい」というエネルギー
  2. それを着実なプロセスにするためのコントロール

「知りたい」エネルギーが少ない人は、自分が何をやっていいのかわからない。誰かからの指示や示唆を待っている。これは、本や論文を読んでいくうちに面白くなって、気がつくこともある。また、重大なライフイベントに遭遇して「知りたい」という感覚がつく場合もある。

コントロール力が少ない人は、衝動的に動き出す。無計画に手をつけるだけになりがちだ。これは、ひたすらお稽古を続けていくことだ。読み、データを分析し、書くこと。それを日常的に行うこと。

カテゴリー: Tips

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中