ワークスタイル4つのタイプ

全部そろうと理想のチーム! ワークスタイル4つのタイプ
私はここ数年、ありとあらゆる性格テストを研究してきた結果、基本的なワークスタイルには4つのタイプがあるという結論に至りました。実行タイプ、統率タイプ、共感タイプ、研究タイプです。
  • A 研究(Passive-Task)
  • B 共感(Passive-Person)
  • C 統率(Active-Person)
  • D 実行(Active-Task)

と並べたくなる。

こういう記事を読んでいつも思うんだけど、
優れた研究者は常に次のモードをサイクルしているよね。

  1. アイデア・理論を考える(先行研究のレビューを含む)
  2. エビデンス・データを取る
  3. 現実場面に応用する(たいていうまくいかないので1に戻る)

何かの理論をfixedされたものとしてあがめるのも研究者ではないし、
多様な現実に埋もれて「いろいろあるよね」と諦観するのも研究者ではないということだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中