3/2 日本教育工学会研究会(三重大学)にて研究発表

2013年3月2日(土)に三重大学で開かれる日本教育工学会研究会において、研究発表を行います。向後研究室からは次の3件を発表します。

  • ARCS 動機づけモデルに基づく Course Interest Survey 日本語版尺度の検討(川上祐子・向後千春)
  • eラーニングによる統計学の入門科目受講が社会人学生の認知と態度に与える影響(柄本健太郎・冨永敦子・三溝雄史・向後千春)
  • ペルソナ手法を用いたマニュアル制作授業の実践(冨永敦子)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中