教育工学会研究会で3件の研究発表

2012年7月7日に京都大学で開かれた日本教育工学会研究会において、向後研究室から3件の研究発表をしました。原稿はPDFへのリンクで読めます。

  • 向後千春(2012.7)「学習行動経済学」に基づく研究フレームワークの提案と具体的な研究課題『日本教育工学会研究報告集』JSET12-3, Pp.103-106(PDF
  • 関和子・向後千春(2012.7)eラーニング主体の大学を卒業した社会人の在学時の学業継続要因の分析『日本教育工学会研究報告集』JSET12-3, Pp.107-114(PDF
  • 石川奈保子・向後千春(2012.7)eラーニングで学ぶ社会人学⽣生の初年次教育科⽬への要望および学⽣生活の状況『日本教育工学会研究報告集』JSET12-3, Pp.115-120(PDF

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中