ミラー、ロルニック『動機づけ面接法—基礎・実践編』

ミラー、ロルニック『動機づけ面接法—基礎・実践編』(星和書店, 2007)

この本は、人が変わるときに起こる「抵抗」(変わりたくない、変わる必要はない、変わる自信がない)を乗り越えて、変わるためには、どのようなインタビュー(カウンセリングというよりは)を行えばよいのかを追求している。その背景にはアンビバレンス(両価性)「変わりたい、でも変われない」の構造があり、それをどのように扱っていくかを具体的に示す。その源流はロジャースのカウンセリングであり、そしてプロチャスカの変化のステージモデルなどが援用されている。

私が「教える技術」=「インストラクショナルデザイン」の次に来ると考えている「教えない技術」はまさにこの「抵抗」を扱おうとしていた。「それをやればいいのはわかっているよ。でもやりたくないんだ」という抵抗トークをどうやって「やれる! やろう!」というチェンジトークに変化させるかというところが山だったのだ。

この本はまさにこのことを扱っている。実践の文脈は、アルコール依存を典型として、医療・保健の領域が中心だが、日常的な文脈でも使えるはずだ。私たちは毎日のように誰かに言い訳をしたり、自己欺瞞をしたりしている。そしてやるべきことを巧妙に避けたり、先延ばししている。そうしたことを軽々と乗り越えて、充実した毎日を過ごすためにはどのようにすればいいのか。この本が示唆することは多い。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中